まーるまるの日記

うつ病体験記&今後について語るブログ

うつ状態の回復途上時のつらいこと

まーるまるです( ˘•ω•˘ )

今日は回復途上時のつらかったことについて書いてみます。

 

何がつらいかっていうと・・・

1.暇との戦い

2.時々襲ってくる沈んだ気分との戦闘

3.過剰なまでに眠れること

4.運動したくない・・・

上位3つはホントに恐ろしいです。なので4位から順に遡っていきまっせ(^^♪

 

運動したくない・・・

これは、ほんとに生活拠点であったり、本来の自分の性格であったり、そもそも運動が好きかどうか。これも係わってきます。

私、ランニングとかウォーキング苦手なんです。目標が持てなくて。

目標っていうのは、何時間歩くとかそういった目標ではなくて、目標物(ボールとか)がないと楽しくないんですよね。

なので、運動は最近全然していません。なぜなら、ボールとかを使ったスポーツは基本的に相手がいないとできないからです。

社会復帰(復職)して落ち着いたらフットサルのチームに入れてもらいたいくらいですわ(笑)

残念ながら運動不足が祟って体重が0.1tになってしまいましたが。

 

~寄り道~

うつ状態を発症した時は体重が、ガクンッっと下がりました。90㎏あった体重が80㎏まで落ちたんです。体重が減ったことはすごくうれしいのですが・・・うつ状態と知って返って病気だったのかと落ち込みました。

いろいろあって調子が戻ってきたころ、体重がどんどん増えるようになりました(´・ω・`)

リバウンド❓も重なったのか20㎏増えちゃって・・・いまダイエットどうしようか悩んでます。

~寄り道終わり~

 

運動が好きな人は社会復帰のためにも少しずつ体力を取り戻していきましょう。少しずつでいいです。自分ができる範囲で体を整えておくと後々便利です。

(私は不便な思いをしています(´;ω;`))

 

3.過剰なまでに眠れること

最近話題ですよね、睡眠負債って言葉。日本人は平均5時間しか寝てないんですって!世界で一番寝てない国だそうなw

休みの日に目覚ましをかけずに24時から勝手に目が覚めるまで寝てみてください。

たいていの人はいつもの時間に起きられませんからw

自分に合った睡眠をとっていない。っていうことらしいですよ!!

2日連続で行える場合はやってみてください。

1日目より早い時間で目が覚めると思います。

ってことで、これが睡眠負債なんだそうです。

1週間続けると自分に適した睡眠時間がどのくらいなのか、わかるようになるようです。

とはいえ、こんなことに黄金週間は使いたくありませんねw

以上、睡眠負債についてでした。・・・って違うわ('◇')ゞ

 

1位にもかかわってきますが、やることやりたいことがないと、起きているのが難しくなります。ベッドなんてものがあったらすぐ横になっちゃいますね( ´∀` )

そしたら寝たくもないのに寝れちゃうんですよ。これが困りもので・・・

夜中の眠りが浅くなるんです。

うつ状態初期の頃は眠かったら寝てしまっていいんです。精神的な疲れを取るために、必要な睡眠なんです。心が求めている睡眠ですから。なので、初期の場合はどれだけ昼間に寝ても、夜しっかり眠れます!

ただ、中期(回復期)になると心は睡眠を求めていないけど、やることがないから眠くなるという、別パターンの睡眠欲が襲ってきます。

これには負けちゃいけません。外に出て運動する、散歩するなど体を動かすことでリフレッシュした方がいいと思います。(私は睡眠に負けてますが・・・ww)

 

2.時々襲ってくる沈んだ気分との戦闘

中期(回復期)は前回も言ったように浮き沈みを繰り返して回復していきます。

当然沈むときもある!ってことですね。

沈むと何もしない自分が嫌になったり、何もできない自分が嫌になったり、何かやっててもこれしかできない自分が嫌になったり、ブログ書いててもこれしかできないのかと・・・

まあ、自分を責めるようになっちゃうんですよ。病気だから責めなくてもいいんだけど自分を責めてしまう病気なので・・・

薬を飲んでてもこれは襲ってきます。あくまで薬は回復補助をしてくれるものなのでこういった部分に効果は薄いです。

私はこれにうまく対応することが出来ませんでしたね。

どう対応したらいいかわからなかったです。とにかく死にたいという考えから逃げることだけに集中して何とか生きることが出来た・・・そんな感じです。

もっとうまい方法があったら、教えてほしいです( ´∀` )

 

1.暇との戦い

これも大変です。ほんとに大変です。病気のせいで趣味が無くなって、食べ物食べても太るだけだし、仮に運動したとしても1日2~3時間・・・残りの時間は何をしたらいいんでしょうw

この病気になってニートを尊敬できるようになりました。別にニートを侮蔑していたわけではないのですが、一日何もしないで生活するって・・・本当に大変ですよ。。

ニートの方々は趣味があってそういうことが出来るのかもしれませんが。。

私は、趣味が病気で封印されています。睡眠時間を7時間としてあと17時間…

17時間なんて…趣味がない人間の場合、どうやって潰せばいいんだよw

絵も描けない、大声は近所迷惑、PCは持ってるけど世間に興味を示せない。テレビはうるさくしか感じないんですねw

ホントに毎日が長かったです・・・誰かにこの時間をプレゼントできるならしたかったですw

私は対処法としてうつ病について勉強したり、脳科学者の著書を読み漁ったり、自己防衛という無意識に行ってしまう行動に関する著書を読んでみたりしてました。

でも、眠気には負けましたw

 

ちょっと面白い本があったので紹介します。

・心がつながるのが怖い 愛と自己防衛 イルサ・セン著 枇谷玲子訳

自分が気づかないうちにどういった自己防衛策を無意識に取っていたかを考えさせてくれる本です。

48.心がつながるのが怖い――愛と自己防衛 | Reiko Hidani HP

Amazon CAPTCHA

 

・もっと結果を出せる人になる「ポジティブ脳」の使い方  茂木健一郎

私がうつ病初期に読んでた本です。どうして自分がネガティブな方向に物事を考えてしまうのか、それが知りたくて読んでみました。

もちろん病気も原因ですけどもともとネガティブな性格でもあるので、どうやって自分をここから救い上げていくか考えるのに今も役立たせています。

Amazon CAPTCHA

 

・さあ、才能に目覚めよう ストレングスファインダー2.0 トム・ラス著 古屋博子訳

自宅PCを使って自分の性格診断ができます。自分がどんなストレングス(強み)を生まれつき持っていてどのようにそれを活かしていけばいいのか、またどういうストレングス(強み)を持った人とどうやって人と付き合っていけばいいのか、それを教えてくれる本です。

性格診断を実施すると、より自分の性格を細かく調査してくれるので自分の本来の才能が何なのか、何だったのかをはっきりさせてくれる本です。就活・転活でも役に立つかもしれません。自分がどんな性格かわからない。そんなときに頼ってみてもいい本だと私は思います。

Amazon CAPTCHA

↑↑よろしければ上のボタン押していってください↑↑励みになります。