まーるまるの日記

うつ病体験記&今後について語るブログ

生きていたくなくなる自分を残念に思う。

どうもーまーるまるです( ˘•ω•˘ )

 

帰宅際スーパーによってふと考えてしまいました。

”生きていていいのだろうか”って。

涙が出てきました。

 

家族に迷惑かけてまで自分は生きていていいのだろうか。

こんなに家族に恩返しできない自分なんか存在価値がないな。

何も創作活動ができていない自分なんか存在価値がないな。

ろくに役に立たない自分なんか存在価値がないな。

過去の自分より稼ぎが少ない自分なんか存在価値がないな。

生活が堕落している自分なんか存在価値がないな。

夏の暑さが我慢できない自分なんか存在価値がないな。

存在価値がないなって考えてしまう自分なんか存在価値がないな。って。

 

でも、生きているのに身を投げ出すなんてことはできないな。

これから、何があるかわからないのに自分を抹殺なんかできないな。

チャンスがあるかもしれないのに死ぬのはもったいないな。

創作活動をしてもいないのに死んでしまうなんてもったいないな。

やりたいことをやっていないのに死んでしまうのはもったいないな。

なにより、家族に助けてもらったのに死んでしまってはいけないな。

 

うん。生きていたくないなんて思う自分情けないな。

なんでこんなこと思ったんだろ。

まーるまるでした(´・ω・`)

↑↑よろしければ上のボタン押していってください↑↑励みになります。

さて、薬飲もっと

どうもーまーるまるです( ˘•ω•˘ )

 

昨日こんなブログを書きました。

 

marumautu.hatenablog.com

 興味があれば読んでみてください。

 

さて、今日は個人的なことを書きます。

上のブログにも書いてますが、

現在嫌いな言動の上司の下できれば避けたいことをさせられています。

 

ですが、明日からは別のところへ異動となるそうで少し安心しています。

…が、どうなるかは行ってみないとわからないので、恐怖を感じています。

 

私としては、異動とか転勤ってそれだけで心的負担を感じることなので

それもできるだけ避けたいんです。

できるならば、言動のマシな上司の下、システムの管理とか設計とかをしたい。

(出張とかは問題ないです)

 

そういう意味だと職場選びを間違えたことは、まず間違いないと思います。

マズいなー。

人生設計が1度壊れてしまうと、日本では立て直すのはとても困難なんだよな。

なんか、突拍子もないことをしでかさないと、追い上げるのは難しい。

(Uターン転職で1度大失敗してるから、さらにマズい。)

 

自分の人生でうまくいってると感じたこと1度もないなー

1度くらい、どんな些細なことでもいいから、うまくいってるなと感じてみたい。

 

切なる願いです。

 

さて、明日からのことが不安だからきちんと薬飲んで寝るかな。

まーるまるでした(´・ω・`)

うつだとして、立ち止まっていていいのだろうか。

どうもーまーるまるです( ˘•ω•˘ )

 

スゴイとんでもないタイトルだなと思いますが、あえて”個人的”意見を書きます。

”個人的”なので参考にしたい人だけ参考にしてほしいです。

 

はっきり申しますと、うつになったら立ち止まるべきです。

 

そう思うのは

うつになる原因・理由は人それぞれ。

・私生活の人間関係

・職場での人間関係

・仕事に納得できない

・家族の死

などなど、数多くのきっかけが考えられます。

そして、なによりそれらが複数起こって発症している方が多いと思うんです。

 

私の場合は上の4つが原因だったと今は考えています。

昔から性格が八方美人で完璧主義でした。

あと、そんな自分が大嫌いなこどもでした。

 

そして仕事にが安定してきた中3人もの家族が亡くなり、

故郷での生活を決断したが、どの仕事も納得できず。

挙句、職場の人間関係が決定的なまでに悪化。

職場に出かけることさえままならなくなりました。

(ここでうつっぽいなと初めて感じました)

ですが、嫁は私の状況を理解しようともせず罵詈雑言をまき散らすようになり

離婚。

 

まあ、悲しいつらい出来事が立て続けに起こってますよね。

…故郷に戻ってから離婚まで1年たってませんからね(笑)

 

私がなぜ立ち止まるべきだと申すかといいますと。

こんがらがっている、複数の理由を自分の中で一つずつしっかりひも解いて

何が原因だったのか、何はそう問題でもなかったのか。

そういうことをしっかり整理した方がいいと思うからです。

 

例えば私の場合、仕事が安定してきたと先ほども言いましたが、拘束時間はとても長かったです。36協定ギリギリまで仕事していたこともあります。

それでも、仕事に大きな不満はありませんでした。

(強いて言うなら、もっと技術的成長をさせてほしいと感じていたくらい)

仕事の時間が長いことが原因になる人もいると思いますが、私の場合は違いました。

なのでなにが原因なのかは人それぞれなんです。

 

そして、それを理解できるのは自分だけなんです。

 

その時間をしっかり確保しないと、またうつを繰り返すことになるかもしれません。

自分が

どんな人間で、

どんな性格で、

どんなことが好きで、

どんなことが嫌いなのか。

 

どんな人が好きで(言動、表情など)

どんな人が嫌いか(言動、表情など)

 

絶対にNGなこと、

できれば避けたいこと、

避けた方が良いこと、

避けなくてもいいこと

 

このくらいまでは、掘っておかないとうつを再発してしまう恐れもあるのではないかと

私は感じています。

 

今、仕事をしていますが

できれば避けたいことをさせられていて、

苦手な言動の人の下で仕事をしているので精神的に追い込まれています。

これを長く続けるとまた悪化するのではないか。

そう感じているのです。

 

だからこそ立ち止まる時間の確保は必要だと思います。

もったいないとは思わないでください。

 

ですが、寛解した。またはもうすぐ寛解できるくらいまで回復した時に何もしないってのはもったいないのかもしれません。

私達はもうやりたいことしかやれない人間になっていると思ってください。

そうなった場合、やりたい仕事を探すのは至難の業です。

そこについてもしっかりとケアしないと、追々大変なのでそういった調査にも時間を費やしていくことも必要かもしれませんね。

 

問題は

もうすぐ寛解できるだろう、で行動すること。

これはやめましょう。その時には自分の特徴を深堀することを優先するべきです。

焦るのは、非常に危険です。

私も焦って失敗したかもしれないと、不安に感じています。

焦るのはわかるんですが、焦っても同じミスを繰り返すだけです。

焦ってるなと感じたら、落ち着いてください。

 

…家族だと自分のことを過剰に心配してくれるので物差しにしにくいと思いますが

友人あたりに聞いてみて自分が焦っているかどうか、確認してみるといいと思います。

自分では焦っているとはなかなか気づけません。

 

まとめ

  • うつになったら立ち止まるべき
  • 回復期に焦って行動しない
  • 回復期には自分の性格や特徴を理解する時間を少し確保
  • 医師から寛解の話がでたりしたらやりたい仕事を慎重に選ぶ準備を始める

経験的にはこんな感じでしょうかね。

まずはなによりしっかり休んで充電しましょうね。

まーるまるでした(´・ω・`)

↑↑よろしければ上のボタン押していってください↑↑励みになります。

 

同一労働同一賃金大賛成。でも、これもやってほしい。。

どうもーまーるまるです( ˘•ω•˘ )

 

同一労働同一賃金、大事だと思います。

www.mhlw.go.jp

個人的には正規非正規だけでなく、派遣・請負も含めた法案になると

社会の人件費への健全化は一段と進むと思います。

 

サービスを安くするために作業員賃金を安く抑える時代はもう終わりにしましょう。

サービスを拡充して利用者を満足させる時代にしましょう。

AMAZONのプライム会員なんて値上げしても利用を続ける方がいるんですもの。

 

そういう時代に変化していかないと

リノベーション、イノベーションなんて起きるわけがないし

創意工夫なんて誰もできませんよ。

変革すること、拡充すること、拡張すること。

これが成長でありイノベーションだと思うんです。

(違ったらごめんなさいね)

 

日本は未だに年功序列的な考え方で大企業が動いているので、イノベーションなんて起きようがないんです。

新しい考え方を柔軟に挑む心がないと危ないぞということです。

それができるのがベンチャー企業であり、大企業の分社化でもあり。

 

ただ、一つ言えるのは、自分が成長できる環境に身を置けてない人は

自分らしく成長できる場所へ行こうともがくべき。

給与が上がったとしても、挑戦していなければただの給与泥棒ですよ。。

 

さて、言いたいのはこれではなくて(;´・ω・)

 

実は、

うつ病うつ状態と診断されると障がい者として雇用される権利を手に入れられます。

ですが、給料は当然のごとく安くなります。

 

うつは相当人数が経験する疾病になりつつあります。

障がい者として雇用でも悪いとは言いませんが、そんなことしたら今に健常人も全員障がい者になっちゃいますよ(;´・ω・)

障がい者の働き口を奪いかねないと私は懸念しています。

 

なので、うつ病うつ状態について企業は寛大でなくてはいけない。

といったような法案が出てほしいなって、そう思うんです。

 

強い口調で言うならば、

うつ患者就業環境保護法。

1、職を求めるうつ患者は、医者の診断書を企業に提出すること。

2、企業は資料を基に、うつ期間の質問の一切を禁じ、評価に加えないこととする。

3、企業はうつ期間の評定を給与に反映させてはならない。

・・・みたいな。

 

・働けてないうつ患者さん、いっぱいいるんです。

・そんな中で働きたいと思っている患者さんも大勢いるんです。

・私はうつを隠して就職していますが、

   隠すことで精神的にダメージを背負う場面が多い。

うつ病を隠さずに転職できるかは・・・・試してみます(;´・ω・)

  もうしばらくしたら、活動を始めますので許してください(;´・ω・)

 

ということで、1億総活躍社会の実現のためにも、取り組まなければならない喫緊の課題の1つだと私は思っています。

実現しようとしてくれる、政党が現れてくれると嬉しいなぁ。

 

・・・自分が立候補して当選し、意見陳述できればいいんですけど。。。

お金がなければ、知識も研鑽もまだまだ不足しています。

(地盤も看板もありません。かばんは持ち歩いてますw)

そんな人間が立候補すること自体が国に迷惑をかけてしまう。

だから、せめてどこかの政党でうつについて真剣に考えてみてほしいなってそう思うんです。

 

他力本願で申し訳ない。。

まーるまるでした(´・ω・`)

↑↑よろしければ上のボタン押していってください↑↑励みになります。

まだ眠るには薬が必要なようだ

どうもーまーるまるです( ˘•ω•˘ )

 

先日こんなブログを書きました。

 

marumautu.hatenablog.com

 うん。この時寝る前に薬を飲み忘れたんです。

 

いろんな思いが頭をよぎるってのは誰にでもあることだと思うんです。

私も病気診断される前から寝る前にいろいろ考えていました。

でも、一定時間たてばしっかり睡眠にシフトしたんですよ。

 

今は、薬を飲まないと

睡眠にシフトする前にうつ状態にシフトしてる気がします。

悪いことではないと思うのですが、

寝れないってのはうつにとって非常に良くない。

 

どうやら、まだまだ薬を抜くことはできないようだ。

寛解はまだまだ先と、改めて実感しました。

ブログ書くようになってからHTML周辺の技術に興味を持ち始めました。

最近勉強を始めたのですが、やっぱり実機で触らないと学習が難しい部分がありますね。

 

はてなブログだとHTML編集もできるので、そこでどうなってるのか確認しながら

ファイル構造とかそのあたりは実機に触れて外に出しても恥ずかしくないものができるようになればいいなと、そう思ってます。

 

珍しく前向きですが、全然勉強が進まない。時間がないのではなくて

うつ状態との格闘で読み込む時間が少ない。

 

自分からやることをどんどん増やしてるな最近。

大丈夫かな(;´・ω・)うつ直すこと優先せねばいけんのに。。

以上、まーるまるでした(´・ω・`)

↑↑よろしければ上のボタン押していってください↑↑励みになります。